[緊急シンポジウム]日本の難民受け入れ – ウクライナ避難民の受け入れを機に考えること –

公開シンポジウム

当日の録画を公開しました。
※報告書と当日資料などは後日掲載予定です。
※公開通知メールをご希望いただいた方のなかでメールが不通のためお届けできない状況が数件ございました。ご了承ください。


3月2日、日本政府は、ウクライナへの軍事侵攻による「避難民」の受け入れを表明しました。これまでに400人以上が避難をしています。また、省庁を横断した連絡対策会議が設置され、さまざまな支援策が打ち出されました。自治体や民間企業等での支援表明も相次ぎ、社会全体でのウクライナ避難民受け入れへの関心の高まりがみられます。

一方、日本は難民条約に加入しており、一昨年は約4,000人・67か国からの難民が保護を求めて難民申請をしています。今回、「避難民」「紛争難民」という言葉が政府文書やニュースに多く登場する中、それらの違いに対する疑問や、ウクライナ以外の難民の日本での状況などについて知りたいというニーズの高まりを感じます。

そこで、この度、PRIMEと難民研究フォーラムは緊急シンポジウムを開催することにしました。難民条約における難民の保護、避難民の意味合い、紛争難民への国際社会の対応、日本のこれまでの難民受け入れなどについてご理解いただける機会とする予定です。

どうぞふるってご参加ください。

●日時:2022年4月23日(土)14:00~15:30

●場所:ZOOMウェビナーを利用したオンライン開催

●参加費:無料

●内容(予定):
・イントロダクション:ウクライナ難民に対する日本政府の対応について
・発表:戦争難民の保護と難民条約
・発表:日本での難民保護の現状と課題
・パネルディスカッション、質疑応答 等

登壇者:

阿部浩己(明治学院大学国際学部教授、PRIME所長)

明治学院大学国際学部教授。同大国際平和研究所所長。難民研究フォーラム共同代表幹事。元難民審査参与員。アジア国際法学会・国際人権法学会・日本平和学会理事。専門は国際人権・難民法。主な著書に、『国際法を物語るI~IV』(朝陽会、2018〜2021年)。『国際法の人権化』(信山社、2014年)、『国際法の暴力を超えて』(岩波書店、2010年)。

新島彩子(認定NPO法人難民支援協会 支援事業部マネージャー)

大学卒業後、民間企業に就職。2001 年にアフガニスタン出身の難民申請者が一斉に収容された件をきっかけに約 5 年間、難民支援協会の生活支援スタッフとして勤務。その後、民間企業に勤務しながら、理事として活動に携わり、2016 年12 月より現職。

●主催(共催):明治学院大学国際平和研究所(PRIME)、難民研究フォーラム

●お問合せ先:

  • 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
    ■TEL:03-5421-5652  ■FAX:03-5421-5653 ■URL:http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/
    ■E-MAIL:prime@prime.meijigakuin.ac.jp
  • 難民研究フォーラム
    info@refugeestudies.jp
タイトルとURLをコピーしました