第二回難民研究勉強会のお知らせ


難民研究フォーラムは、難民研究に関する勉強会を下記の通り行います。テーマは「難民研究入門」とし、難民研究に重大な貢献をしたと評価されている論文をとりあげます。参加ご希望の方は、所定の申込用紙に必要事項を記入の上、研究フォーラム事務局までEメールで送付してください(第1回勉強会の参加者で申込用紙を既に提出された方は、必要ありません)。
1. 期間・日時
2013年1月19日(土)から全10回を予定。
原則として毎週土曜日、午後4時半から2、3時間程度。
2. 場所
東京大学駒場キャンパス、または難民支援協会事務所(東京都新宿区)
3. 対象者
以下の条件を全て満たす方。
・英語論文が問題なく読める。
・十分に議論できる程度の日本語能力がある。
・難民研究に従事している、もしくはこれから本格的に従事する意思がある。
4. 勉強会の進め方
・毎回一つの論文を取り上げ、その論文に関する議論を行う。
・参加者は全員事前に当該論文を精読してくる。
・報告者を毎回割り当てる。
・しっかりと論文を理解することを第一の目的とするので、報告者は、1時間程度で細かく論文の内容報告を行う。
・報告の後、参加者全員で議論する。研究フォーラム研究員がファシリテーターを務める。
・参加者の意向により、修士・博士論文を報告してもらうこともある。
5. 検討予定論文(候補)
Ager, A & Strang, A. (2008), ‘Understanding Integration: A Conceptual Framework,’ Journal of Refugee Studies, 21(2).
Betts, A. (2010), ‘The Refugee Regime Complex,’ Refugee Survey Quarterly, 29(2).
Castles, S. (2004), ‘Why migration policies fail,’ Ethnic and Racial Studies, 27(2).
Crisp, J. (2008), ‘Beyond the nexus: UNHCR’s evolving perspective on refugee protection and international migration,’ New Issues in Refugee Research, 155.
Guterres, A. (2009), ‘Opening Statement, at the 60th Session of the Executive Committee of the High Commissioner’s Programme (Excom),’ 28 September, available online (http://www.unhcr.org/4ac314009.html).
Hyndman, J. (2010), ‘Feminist Geopolitics Meets Refugee Studies,’ in A. Betts & G. Loescher (eds.), Refugees in International Relations, Oxford University Press.
Koser, K. (2007), ‘Refugees, Transnationalism and the State,’ Journal of Ethnic and Migration Studies, 33(2).
Landau, B. & Jacobson, K. (2003), ‘The Dual Imperative in Refugee Research: Some Methodological and Ethical Considerations in Social Science Research on Forced Migration,’ Disasters, 27(3).
Malkki, L. (1995), ‘Refugee and Exile: From “Refugee Studies” to the National Order of Things,’ Annual Review of Anthropology, 24.
Martin, S. (2004), ‘Making the UN Work: Forced Migration and Institutional Reform,’ Journal of Refugee Studies, 17(3).
Schuck, P. (1997), ‘Refugee Burden-Sharing: A Modest Proposal,’ Yale Journal of International Law, 22.
Van Hear, N. (2006), ‘Refugees in Diaspora: From Durable Solutions to Transnational Relations,’ Refuge, 23(1).