難民関連機関


国連難民高等弁務官(UNHCR)
国際連合において難民問題への対処に責任を持つ機関。
国際移住機関(IOM)
難民の第三国定住支援を行っている国際機関。健康診断、生活ガイダンス・初級語学研修、渡航手続きなどのプロセスを運営している。
アムネスティー・インターナショナル
世界最大の人権NGO。国別人権レポート「アムネスティ・インタナショナル・レポート」を毎年発行している。ホームページからは人権問題を国別・テーマ別で検索できる。
ヒューマン・ライツ・ウォッチ
アメリカに本部を置く人権団体。アムネスティと同様、毎年発行される国別人権状況レポート「ワールド・レポート」は充実している。
Refugee and Migrant Justice (RMJ)
(英国)前Refugee Legal Centre。イギリス全土に13のオフィスと300人以上のスタッフを擁する難民と移民のための法的支援機関。
European Council on Refugees and Exiles (ECRE)
ヨーロッパを中心に難民に関する政策研究を行っている。ポリシーペーパーなどを定期的に発行。
European Commission Humanitarian Office (ECHO)
European Research Centre on Migration and Ethnic Relations (ERCOMER)
ブルッキングス研究所
The Brookings-Bern Project on Internal Displacement
US Committee for Refugees and Immigrants (USCRI)
1958年に設立され、長い歴史をもつアメリカのNGO。難民に関する情報を国別でまとめた「World Refugee Survey」を毎年発行している。
International Rescue Committee
Forum Refugies
フランスのNGO。
移民研究関連機関
▼Global Commission on International Migration (GCIM)
International Migration Institute
Migration Information Source
The Dana Declaration on Mobile Peoples
International Centre for Migration Policy Development (ICMPD)
ヨーロッパの移住政策を扱う研究センター。研究論文が充実しており、検索も可能。
Overseas Development Institute: Migration