6月7日 公開シンポジウム報告「アジア(フィリピン、韓国)における新たな難民法制度の動きと日本の今後」

《第一部》「第一回若手難民研究者奨励賞」受賞者による研究成果報告      ・難民の地位に関する条約第33条2項をめぐる国際法の理論:庇護とsurrogacyの視点からの検討/加藤雄大(東北大学法学研究科) & […]

続きを読む


公開シンポジウム「アジア(フィリピン、韓国)における新たな難民法制度の動きと日本の今後」を開催しました

日時:6月7日 13:30∼16:30 場所:真如苑友心院ビル 【アジア(フィリピン、韓国)における新たな難民法制度の動きと日本の今後】 1.基調講演: ブライアン・バーバー (アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APR […]

続きを読む