資料集

資料集

収容代替措置(ATD) 各国制度比較

収容は最後の手段としてのみ使用されるべきで、世界では、収容の代替措置(ATD)が実施されています。各国で行われているATDのうち、ケースワークや生活支援に力を入れているものに着目し、制度の比較調査を行いました
資料集

各国における入管収容制度

送還の決定がなされた外国人に対して行われる収容について、日本を含めた9か国の制度比較を行いました(オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、日本、韓国、スウェーデン、イギリス、アメリカ)。
資料集

イギリスの難民該当性審査の迅速処理制度とその課題 

イギリスの難民認定制度には、難民審査の迅速処理のため、送還停止効が適用されない不服申立手続き(NSA)と略式拘禁制度(DFT)という2つの制度があります。イギリスの難民認定制度の変遷から見える迅速処理の問題点と課題を分析しました。
資料集

[事例集]送還された難民・難民申請者とその後

難民保護にはその礎石といわれる「ノン・ルフールマン原則」がありますが、残念ながら送還されてしまうことも起こっています。送還後に迫害を受けた、または重大な人権侵害を受けた難民申請者の事例を調査・収集しました。
資料集

カナダの難民認定手続きの迅速化について

カナダの難民認定制度における迅速審査の手続きについて調査しました。
資料集

論文紹介:庇護希望者によるハンガーストライキに関する論文

収容施設における庇護希望者のハンガーストライキに着目したオーストリアの論文を2本紹介します。
資料集

難民認定申請者に対する面接の実施方法 各国比較

難民申請者に対する面接の実施方法について、各国制度の比較を行いました(オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、日本、ニュージーランド、韓国、英国、米国の9カ国)。特に弁護士の同伴の可否と面接の様子の録音・録画の有無に着目をしています。
資料集

「在日アフガニスタン難民申請者の強制収容によるメンタルヘルスへの影響」

市川政雄、中原慎二、若井晋「在日アフガニスタン難民申請者の強制収容によるメンタルヘルスへの影響」(2006)の日本語版抄訳を掲載します。2001年の同時多発テロ後に収容された在日アフガニスタン難民へのインタビュー調査に基づく論文で、20...
資料集

アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)日本の難民保護制度に関する声明(和訳)

2014年4月18日、アジア太平洋地域における難民の権利保護のための市民社会ネットワークである「アジア太平洋難民の権利ネットワーク」(Asia Pacific Refugee Rights Network: APRRN)が、日本の難民認定制...
資料集

HMIP「出入国管理施設における被収容者取扱基準策定への枠組み案」日本語版

11月21日、22日、シンポジウム『ヨーロッパにおける出入国管理施設における収容:一般的な問題点共有と最低限の基準の策定に向けて』 (フランス・ストラスブールの欧州評議会にて)関係資料の日本語訳版 日本語訳資料作成者:新津久美子(東京大...
資料集

海外の難民研究センター

資料集

海外の判例集

資料集

文献年報2010(国内)

資料集

文献年報2009(国内)

資料集

難民法・関連文章一覧

資料集

難民関連機関

資料集

出身国情報(COI)

資料集

日本の難民制度(1)難民認定制度

タイトルとURLをコピーしました