第2回若手難民研究者奨励賞 選考結果

この度は、第二回若手難民研究者奨励賞にご応募頂き、誠にありがとうございます。本年度は総勢15組の応募がありました。

選考委員会による厳正な審査の結果、以下四名が第二回若手難民研究者奨励賞受賞者に決定致しました(以下50音順)。

 

土田 千愛  (東京大学総合文化研究科 修士課程)

「大量難民流入における国際難民保護規範と政策実施の乖離 ケニアにおけるソマリア難民保護を中心に

 

三谷 純子  (東京大学総合文化研究科 博士課程)

「『難民/無国籍』状態が長期化した人々の移民化:離郷チベット人の留学と日本」

 

山本 香  (大阪大学大学院人間科学研究科 博士課程)

「難民間のコミュニティ形成に果たす学校の役割 トルコにおけるシリア難民の事例

 

渡貫 諒  (国際基督教大学社会科学研究所 助手)

「国家と個人の結びつきへの再検討:日本における「無国籍者」の公法上の地位と国家作用の役割への検討を通じて」

 

・授賞式について

授賞式を719日(土)14:00から、真如苑友心院ビルにて開催致します。

受賞者の方は必ずご出席下さい。また、受賞されなかった方でも出席して頂けます。